WEBサイトの次世代の主役、WebGL。

WEBサイトを作成する際に必須のHTML5.それとWebGLを駆使することで素晴らしいサイトが作成できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
CONTENTS
WEBサイトの次世代の主役、WebGL。

WEBサイトの次世代の主役、WebGL。

WEBサイトの次世代の主役、WebGL。
ホームページやブログ・SNS等、インターネットブラウザで私達が見ている画面は、HTML5と呼ばれるマークアップランゲージというもので記述されています。それを実際に確認するには、各種ブラウザ毎に微妙に手順は異なりますが、大体「ソースの表示」というようなメニューを開くことでソースを見ることができるようになります。そうすると、その時点でブラウザに表示されているものの内容によって結果は異なるものの、大抵の場合、英語らしきものと数字が混在した文章っぽなにかが表示されることでしょう。

これがHTMLで、その最新バージョンがHTML5です。大きな特徴は、表現力が大幅にアップしたことでしょう。Flashとほとんど同じようなことが実現できます。また関連する3D技術に、WebGLというものがありますが、これを組み合わせることで、ブラウザ上で特になにもインストールすることなく華麗な3Dグラフィックを実現することができるようなります。

自分自身で考えていても、なかなか考えがまとまらない場合には、人の手助けを借りるということもできます。WEB上から呼びかけることで、自分の考えに賛同してくれる人からの意見を求めることができるのです。今までは、そんなことをしようとすると、新聞などで呼びかけて、どこかの会場を押さえて意見を聞くというような大掛かりなことをしなければいけなかったのです。

Site Recommend

Copyright (C)2017WEBサイトの次世代の主役、WebGL。.All rights reserved.